プロペシアって有名だけど、効果はいかほど?

一つずつ本気で多くの種類を試しました


薄毛が急激に進んだのは、30代に突入してからで、嫌な予感や将来の不安は以前から存在していました。症状のタイプは、前髪の生え際が少しずつ後退し始めて、同時に頭頂部の髪が細くなる傾向です。プロペシアの存在に気がついた切っ掛けは、10代後半から調べていた、医学的な治療方法にありました。シャンプーやマッサージ、民間療法という類の薄毛解消法は、一つずつ本気で多くの種類を試しました。しかし、一時的に改善したと感じても、大抵は思い込みや錯覚で、これといった決定打は見つかりませんでした。いよいよ薄毛が隠せなくなった時、プロペシアを使う時がついにきたと直感しました。プロペシアは、内服で発毛出来る魅力的な医薬品で、効果に期待するだけの価値はあると、以前から本気で思っていました。ただ、効果が出ない可能性や、副作用の影響を考えれば、簡単にプロペシアの治療に踏み出せなかったのも事実です。プロペシアが登場した当初は、個人輸入に頼るしか入手方法はなく、国内で治療が受けられる場所は限られていました。その後は、一般的に輸入に対する抵抗感がなくなったり、治療薬に採用するクリニックが増えた結果、実績や利点が証明された薬になりました。


薬
プロペシア
安いAGA治療

トップへ戻る